Pane Classico Italiano  外観

Pane Classico Italiano(パネ・クラシコ・イタリアーノ)

Pane Classico Italiano  入口 Pane Classico Italiano  パン
Pane Classico Italiano  パン Pane Classico Italiano  内観

黄色の三角屋根が目印のパン屋さん。

オーナーの永松 信一さんは、イタリアンのシェフとして国内外で活躍。それほどまでに有名な永松シェフが、友人からの依頼がキッカケで、2016年 高島市へ移住しお店を開くことになったそうです。

「どこにいても、お世話になった先輩方に恥ずかしくないものを作る」

そんな信念をもって作られるパンは、決して今どきの写真映えするパンでも、ふわふわもちもちパンでもありません。長期熟成させ、小麦本来の旨味を最大限に引き出したハード系のパンです。

見た目や上っ面ではなく本質を大切にしたいという思いの詰まったパンは、お店オープンの10:30から入れ代わり立ち代わり人が訪れ、どんどんなくなっていきました。近江舞子から永松シェフのパンを求めて来た!というお客さんがいるほどです。

テラス席があり、Lunch(950円)では、三種の焼き立てパンの盛り合わせ・ハム、サラダ、チーズほか・デザート・コーヒーまたは紅茶がセットでついてきます。単品でドリンクの注文も可能です。

また、パン屋さんの横に2017年5月、イタリア料理を提供するリストランテ ロアジ高島をオープン。
全12席の落ち着きのある店内では、ランチ(6500円+税)、ディナー(9500円+税)が3日前までの完全予約制でいただけます。

ちなみに、黄色い三角屋根の建物。あの、安藤忠雄さんがデザインされたそうです!

一流を高島で。

店名 Pane Classico Italiano
住所 新旭町饗庭1599
電話番号 0740-33-7447
営業時間 10:30-17:00 ※売り切れ次第終了
定休日 火・水・12月26日-1月31日・不定休あり
駐車場 4台

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です